vagrantを使ってcentosのLAMP環境を簡単構築!
ガンガンコード書いていくぞと張り切っていたらvsplitできなくて泣いた話。

結論 : vimには種類があり、今回使用したcentosの最小構成では「Small version without GUI.」が入っていたため。Small versionでは:splitはできるが:vsplitはできない模様
 
1. 原因と確認
2. 対応

1. 原因と確認

vsplit not working系で1,2時間さまよっても何も情報が見つからない。。そういえば以前、vimにも種類があると聞いたことがあったのをふと思い出し、そっちの情報を探してみるとあっさり発見絶対これだと思い早速以下コマンドで確認。

vim --version | grep -e Huge -e Normal -e Small
すると
Small version without GUI.  Features included (+) or not (-):
やはりこれだ。。 ちなみに、どの機能が使用可能なのか、制限されているかも表示されるようなのでsplitで見てみる。
vim --version | grep split
-clipboard       +iconv           -perl            -vertsplit
vertsplitが制限されているのを確認。原因はわかったので対処していく。

2. 対応

centosだったのでyumでいけると楽だなと思いyumで検索。
yum list | grep vim
minimal, common, enhancedなどあるが、今入っているのはminimal。今回はenhancedを入れてみる
yum install vim-enhanced.i686
これでvimが入った。
すると、viコマンドでvim-minimal, vimコマンドでvim-enhancedという状態になったので、enhancedを使いやすくるすよう.bashrcにてaliasを通す。
alias vi='vim'
以上で作業完了。
vsplitが使える幸せ。
インフラ側の無知さが露呈した案件だった。

※viのcolorschemeもなぜかうまく動かずに苦しんでいたのだが、同じ内容で解決した。。よかった。。